園長だより№49(スマホ版)

更新日:2022-03-11 / カテゴリ:幼稚園だより

園長だより  み ど り №49  R4.3.11

宮崎学園短期大学附属清武みどり幼稚園
園長 久島 孝昭

「まん延防止等重点措置」が解除されてほっとしたのも束の間、引き続き市は今月末まで県独自の「感染急増圏域(赤圏域)」に指定されました。
そのため、市からの「登園自粛の協力のお願い」も今月末まで延長されました。
新規感染者の数が横ばいであること、市内の教育・保育施設でクラスターが多く発生しているからだと考えられます。
本園でもクラスターが絶対発生しないとの保証はありません。
登園の有無については、保護者の皆さんの判断にお任せします。
園では感染者を出さないための努力を続けていきます。

COVID-19の新規感染者状況
月 日  宮崎市  県全体
3/ 5土   87  224
6日   64  168
7月   29  118
8火   89  209
9水   75  243
10木   95  250
11金   84  252

宮崎市内でのクラスター発生件数
※ PDF版をご覧ください。

○ スクールバスの運行について
今月7日(月)にスクールバス運行を再開しましたが、登園自粛の協力のお願いが月末まで延長されたので、運行継続について検討しました。
翌8日も利用園児が多かったことと、修了の日まであとわずかだということから、24日(木)まで運行することにしました。
ただし、それまでに園児や職員など園関係者が感染した場合は、運休することもあり得ます。
また、利用人数が少なくなった場合は、お迎えや送りの時間が早くなることも予想されますので、時間にゆとりをもって対応をお願いします。

○ 発表会について
メールでもお知らせしましたが、16日(水)に予定しています発表会については、年長児は行いますが、年中・年少児については中止します。
年中・年少児の中には、これまで登園自粛をしていて、3学期ほとんど練習をしていない子どもがいます。
さらに、今月末まで「登園自粛の協力のお願い」が出たことで、今後も登園自粛を継続し、発表会にも出られない子どももいると考えました。
本紙№45でもお知らせしましたように「実施するからには、子どもたちが自信をもってできるようにしたい」と考えてきました。
しかし、それが困難な状況になりましたので、残念ですが中止すると決めました。
楽しみにされていた保護者の皆さんには申し訳ありませんが、ご理解ください。
一方、年長児はこれまで多くの子どもたちが登園してきており、発表会の練習をしてきました。
今月で卒園するということもあり、最後の思い出にと実施することにしました。
感染リスクを極力下げるため、観覧人数を1世帯1人と制限させていただきますが、ご理解ください。
ただし、今後、感染者が出た場合は中止もあり得ます。
今後も感染予防に努めましょう。

○ 給食に年長児が収穫した大根が出ました。
2日(水)に年長児が園舎北側の畑で収穫した大根が、4日(金)の給食に出ました。
予定では「魚のトマト煮」でしたが、トマトの代わりに大根おろしのかかったお魚が出ました。
調理場の皆さんが、年長児が収穫した大根をおろして使ってくださいました。
子どもたちはおいしそうに食べていました。
収穫時期が遅くなったので、味が心配でしたが、えぐみもなく、まろやかでした。

○ 3月の誕生会を行いました。
8日(火)の午前中、3月生まれの子どもたちの誕生会をしました。
未満児は2人、以上児は10人でした。
以上児は、密を避けるために学年ごとに行いました。
それぞれ誕生児のインタビューや誕生カード渡しをした後、先生たちからのプレゼントの出し物や、ゲームをして楽しく過ごしました。
以上児の会では、各家庭保護者1人の観覧をしていただきました。
来園いただき、ありがとうございました。

○ 年長児が最後の「ボールで遊ぼう」をしました。
9日(水)の午前中、年長児が本年度最後の「ボールで遊ぼう」を楽しみました。
今回は、園庭で行いました。子どもたちは、元気よく楽しくサッカーのミニゲームを楽しんでいました。
本年度からプロサッカーチームのテゲバジャーロの協力で始めた年長児の「ボールで遊ぼう」。
短大グラウンドや日向夏ドーム、南部墓地公園グラウンド、そして園庭といろいろなところで実施してきましたが、子どもたちはいつも元気いっぱいでボールを追いかけていました。
1学期は、まだボールをうまく蹴ることができませんでしたが、回数を重ねるうちに、上手になってきました。
一番驚いたのは、子どもたちに闘争心が芽生えたこと。
男の子も女の子も関係なく、ボールにガンガン向かっていくようになりました。
時には転んで涙することもありましたが、くじけずすぐにボールに向かって走り出すようになってきました。
ミニゲームの時間は2分程度と短かったのですが、回数が多く、子どもたちの体力や持久力も付いてきたように感じます。

○ 卒園式の練習も始まっています。
今月19日(土)は本園が認定こども園になって5回目の卒園式です。
COVID-19感染拡大の影響で、発表会が2度にわたり2か月近く延期され、発表会と卒園式が同じ週になってしまったため、年長児は、発表会の練習と共に卒園式の練習にも取り組んでいます。
10日(木)は私も参加して、卒園証書授与も含め、全体を通して練習しました。
証書授与では、緊張した面持ちの子どももいましたが、一生懸命取り組んでいました。
本年度は、密を避け、少しでも感染リスクを下げるため、クラスごとの卒園式とし、参加いただく保護者も1家庭1人とさせていただきました。
卒園式まであと1週間。感染予防に努め、全員が笑顔で卒園式に出席することができることを強く願っています。