研修生の研究保育

更新日:2012-03-08 / カテゴリ:園長にっき

  今日は,保育科の研修生が年中のきく組の研究保育に取り組みました。きく組は,表現領域の主題名「表現遊びをしよう(忍者ごっこ)」で,子どもたちの好きな手遊びから忍者になりきって,身体を使い大きく動きを表現する活動をしました。先生の言葉を聞いて忍術を使ってみたり,グループの友だちと同じ動きをしたりして表現するおもしろさを味わいました。研修生においては,事前に予想される子どもの活動やその活動に対する配慮事項について十分なシュミレーションをしており,充実した保育の展開を見せていただきました。子どもたちも友だちとのコミュニケーションを取りながら一緒に楽しく遊んでいました。今日の研究保育という貴重な経験をこれからの保育実践に活かしてほしいものです。頑張りましょう。