水害を想定した避難訓練を行いました。

更新日:2021-06-14 / カテゴリ:園長にっき

14日(月)の午前、水害を想定した避難訓練を行いました。
清武川の堤防が壊れて、園周辺で浸水被害が出たという想定でした。
2階の年中・年長児はすぐにホールに避難しましたが、1階の年少児や未満児は移動準備などに時間がかかりました。
避難開始から2階ホールに全員集合し、点呼終了まで約5分かかりました。
以上児は先週土曜日の運動会の疲れが残っているのか分かりませんが、やや緊張感に欠けていました。
実際に、大雨で清武川の堤防が決壊した場合、雨量や決壊の状況にもよりますが、避難完了までの時間はできるだけ短くする必要があると感じました。

訓練前に、それぞれのクラスで水害や避難の仕方についてのお話を聞きました。

避難開始です。未満児は避難車や乳母車に乗ったり、誘導ロープにつかまって、先生と一緒に歩いたりして2階ホールに避難しました。

年長・年中児はすぐに避難できたので、担任が未満児の避難補助に駆け付けました。

年少児は各自、水筒を持って避難しました。

未満児の水筒は職員が運びました。

先にホールに避難した年長・年中児は静かに座って未満児を待っていました。

担当からお話がありました。

お話や写真だけでは、まだ水の怖さが理解できないようでした。