年長もも組がダンゴムシ実験をしました。

更新日:2021-12-10 / カテゴリ:園長にっき

10日(金)の給食後、宮崎国際大学から先生とゼミ生が来園され、年長もも組でダンゴムシを使っての実験をしました。
学生の卒業論文作成のためのデータ収集をしたいということで、協力することにしたのです。
初めに、学生がダンゴムシについてのお話をしてくれて、それからグループでダンゴムシの迷路実験を始めました。
「ダンゴムシを迷路に置いたら、どのように進むか」を観察する子どもたちの反応やつぶやき等を記録し、分析するのだそうです。
子どもたちはダンゴムシの様子を興味深そうに見ていました。

初めに、ダンゴムシについてのお話を聞きました。

ダンゴムシって、コンクリートを餌にしているって、知っていました? 私は知りませんでしたが、担任は知っていました。

次に、実験の仕方を教えてもらいました。

ダンゴムシが迷路をどう進むか、予想してみました。

子の迷路にダンゴムシを入れて、どう進むか観察します。

ダンゴムシを容器から迷路に移します。

みんな迷路にくぎ付け。

学生にとって、有益なデータが取れたでしょうか?