実習生の研究保育始まる

更新日:2012-06-12 / カテゴリ:園長にっき

  宮崎学園短期大学保育科2年生6名の実習生たちは,最後の週を迎え,それぞれの学級担任より幼稚園教諭としての専門的な事柄について一つ一つ学び身につけようと一生懸命です。その一環として,今日から2名(年少・年長),明日1名(年少)明後日は3名(年少・年中・年長)の予定で研究保育を行います。今日の研究保育は,年少は「身の回りにあるもので遊ぼう」年長は「ゲームをしよう」をホールで行いました。年少児は「魚釣りをしよう」ということで,魚に使ったクリップを釣り竿につるした磁石でつります。この遊びを通してクリップと磁石の性質をつかむことをんねらいとしていました。友だちと一緒に遊びながら楽しく活動していました。年長児は,「アニマルバスケット」で,動物の名前を呼ばれたら,その動物の面を着けた友だちが動き,アニマルバスケットと言われたら全員が動くというゲイムでした。友だちより早く座ることやルールを守りながら,園児たちが遊びを思う存分楽しんでいました。指導教員に教えを請い,今もてる力で研究保育に果敢に挑戦した実習生も立派だったと思います。この研究保育を機に更に自らを磨いてほしいです。明日からの実習生も全力でやってみてください。