ピーマンやミニトマトが実をつけ始めました。

更新日:2021-05-20 / カテゴリ:園長にっき

梅雨入りしてから雨続きでうっとうしい毎日が続いています。
登園してくる子どもたちは、保育室やホールで元気に遊んでいます。
年中児が植えたミニトマトや年長児が植えたピーマンも少しずつ実をつけ始めました。
園庭の花もノースポールやビオラ・パンジーが終わりを迎えたので、植え替えの準備を始めました。

年長児が2階ベランダで育てているピーマン。背丈もだいぶ大きくなりました。

もう実が付いているものもあります。収穫が楽しみです。

花も白くてきれいです。

年中児が園庭脇で育てているミニトマト。こちらも背丈が伸びてきました。

黄色の花がたくさん咲いています。

まだ緑色ですが、かわいい実がなり始めました。

園庭のタイヤの花壇やプランターは次の準備中です。

園庭西側のフェンス沿いに植えているアジサイが色とりどりの花を咲かせ始めました。

アガパンサスも急速に花茎が伸び始めました。

職員が持ってきてくれたハーブ「ペニーロイヤルミント」を園庭南側生垣の下に植えました。時々ネコが侵入してくるので、その対策です。ネコは強い匂いをきらうそうなので、試しに植えてみました。

昨年松葉ボタンを植えていた鉢に、こぼれ種子があったのでしょうか、小さな松葉ボタンが出てきました。

3月頃、子どもが登園時に途中で拾って持ってきてくれた小さな種子。見た目はアサガオに似ていたのですが、とても小さかったので、試しに鉢に植えてみたら、出てきました。やっぱりアサガオみたいです。

右が子どもが持ってきてくれた種子。左が普通のアサガオの種子。明らかに大きさが違いますよね。でも、形はそっくり。

どんな花を咲かせてくれるか楽しみです。

園舎北側の花壇に蒔いたトウモロコシは順調に育っているみたいです。

ヒマワリの種子をポットに蒔きました。発芽が楽しみです。

職員室前で、いろんな植物の水栽培を始めました。

左側のナスタチウムは細い根っこらしきものが伸びてきました。

子どもたちが関心をもって見てくれるとうれしいのですが。

子どもたちの写真がなくて、ごめんなさい。